<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

告知

『秋のタタラ祭り2007 舞姿六人衆』については、近くあらためて「テルプシコール通信」で執筆します。むろん、先の日記を全面改訂し、仕上げます。お楽しみに。
[PR]
by planet-knsd | 2007-11-23 15:23 | その他

舞踏六人衆 第二夜

自分は舞踏を分析的に観てきたわけではない。かなり好みというものが偏っていて、ニュートラルな批評ができるかどうか、疑わしい。そもそも、舞踊に批評が可能なのか、これは真剣に考えたほうがいい。舞踊批評家を名乗るためには、最低限、身体技法について精通していなければならない。身体を動かさない批評家などナンセンスの極みだ。骨と筋肉の関係、身体構造への科学的知見などを含め、批評家であれば、身体への構造的な関心が必要だろう。それは自分自身の身体を使って知ることなしに、舞踊を知ることはできないだろう。ましてや身体技法を知らなければ、舞踊を批評することは不可能だろう。ダンサーがいまどのように身体を動かしているかを、分析的に観察する能力がなければ、批評家を名乗ることはできないだろう。

私はそのような意味で、観察者の眼としてこのブログを書いているけれど、舞踊批評をしているつもりはない。私はそれほど、身体技法に関して、分析的な眼をもっているわけではない。おそらく、自分自身の身体を知ることなしに、身体技法の何たるかを知ることはできないだろう。そのことはわかっており、そのことを課題として、そのうえで私は、身体表現の観察者、探求者、愛好者でありたい。私は一人のアマチュアとして、身体表現の同伴者でありたい。それだけを願って私は舞踏を観続ける。なぜだろう、何のために、それを私は言葉にしえない。ただ好き、としかいいようがない。

さて、11月17日、「舞踏六人衆 第二夜」、テルプシコール。
木村由「岸へ向かう」
藤井マリ「空地Ⅵ H-akuchumu」

なんといっても、藤井マリの音響・戸田象太郎の音世界を愉しんだ。トダゾー最高! 「雪が降る~」と調光室から歌って、ピンポン玉をアメアラレと降らせた戸田のアクションは、コラボレーションに相応しく、空間を開いてこねて、流し込む、音響家の手さばきが見えて、あらためてこの人の才能を堪能した。藤井マリのダンスは、空間に分け入っていくように両手を広げ、臆病そうに表面を撫で、その裏側に入っていきたいという衝動を抱えながら、立ち尽くし、足踏みをし、揺らめいていた。絶品だったのはあのヘナチョコの倒立で、ヒョヒョッと手を着いたかと思うと、グーンッと足を伸ばし壁際に逆立ちしてしまったところだ。キモチいい~感じが伝わってきて、あそこは好きだった。アメアラレのピンポン玉とどうカラムかと思われたが、戸田の流し込んだ大音響に身体をノセ、夢遊病者のサーフィンのように背中を見せたところは、メッチャクチャカッコ良かったが、その後に何か、なかったか。壁の中央に、戸田の美術としてピカチューだのゲーセンの玩具の類がビニール袋に入れられブラ下がっていたのだが、あれをビリビリと剥がしてほしいと思ったが、そのあたりは擦過するのみで、踊りはフワッと終わったという印象。音の配色はすばらしかったが、ここで何が立ち上がっていたのか。全速力で後退していく藤井の身体のせめぎあいこそが見所であったかもしれない。

木村の舞踏は、申し分のない丁寧さで、それ以上書くことはない。音楽の太田久進も良かったと思う。ただ、女、ちゃぶ台、海という設定が、あまりにも当たり前すぎて、作品としてのつまらなさが残った。暗転の後、壁際に立って、もう一度光の中で引き攣れたものが観たかった。彼女はまだ何も脱いでいない。

隣にChe-SHIZUの向井千恵さんが座られ、数年ぶりにご挨拶。今度どこかで聴きに行こう。
[PR]
by planet-knsd | 2007-11-18 14:54 | その他

舞踏六人衆 第一夜

人は何のために躍るのだろう。それは、身体という記憶の回廊を皮膚膜を通して外在化することにあると思う。私は、人間とは自然という機能を内在化させた有機的な機械だと考える。その内なる自然は、皮膚膜を通して外在化される瞬間、身体は開かれていくのだ。これを、私たちは心地よさという。すなわち、躍ることは、身体の内に風を通すことだ。そこにメディア(触媒)としての身体が立ち上がり、風景が顕在化する。身体の内が外へと通底し、身体は開け放なたれた窓となる。フリーダ・カーロの絵のように。苦悩と歓びが、一本の弓矢となって穿たれ、身体はその瞬間に消滅するのだ。舞踏(ダンス)とは現れては消える風景に過ぎない。(本日の考察)

追記
この(本日の考察)は、改めて読むと、観る側の欲望なのかもしれない。私は舞踏に、ただ官能性のみを観たいわけではない。むしろ、その歪みや、屈折をこそいとおしむ。そのことを前提として、身体を穿たれた窓として開けることは、舞踏身体の冒険であるように思う。


2007年11月16日
「秋のタタラ祭り2007 舞姿六人衆」第一夜、テルプシコール
田山明子「羽化・石化Ⅴ~Twinkle twinkle little star」
小野由紀子「ゆふつづ~すぐそこに~」

後に踊った小野由紀子から書こう。あらためて批評として書くが、小野の身体は昭和の風景こそが似つかわしい。その佇まいには生活の匂いがし、戦後の女たちのふてぶてしさや力強さを内面に溜めて、持続する力として小野の身体は立ち上がってくる。小野の体内にどのような記憶の風景が織り込まれているかは知らない。しかし、小野はまぎれもなく視る人である。その観察眼において、小野は注意深く風景を内在化させる身体の眼をもっている。ここが小野の秘めた能力ではないか。下半身の強さは、毎月、大倉山で踊り続けている鍛錬によるものであろう。屋外で踊るということは、身体を窓として内と外を交流させることにある。雨に濡れた体や枯れ葉に包まれた体が、皮膚感覚として風景を内在化させる。身体という眼が、それを幾層もの記憶の回廊として編み込んでいくのだ。その成果はまぎれもなくあった。
左手で何かをまさぐるように立った場面、雨に濡れた土を撫でるように前進していった場面、のど自慢の音を背後に背負いながら静かに立っていった背中の風景、そこにビョークを重ねながら深く深く沈んでいった大団円。演出上の問題としては、のど自慢の後に、別の位相に転化する最後のダイヴを試みるべきだったかもしれない。そこは問題点として残しながらも、小野の持続力は充分賞讃に値する新たな境地を拓いたのではないか。ラジオのチューニング音は、皮膚感覚の回路を思わせて、成功していたと思う。音響は大野英寿。今年、もっとも納得のできた舞踏公演であった。

一方、田山明子の身体は、いささか空間が狭いのではないか。自己確認をしながら空間に線を描いていたが、空間の質そのものはそれほど変わらない。広がりもしなければ、狭まりもしない。その単調さに、私は耐えていた。音を放射したKo・Do・Na(オルガン、トランペット)も、田山の身体の内側に入り込むことや、そこから還ってくる質感を確かめていたようには思えなかった。Ko・Do・Naはどれだけ注意深く田山の身体を視ていただろうか。Ko・Do・Naのトランペットは、空間に放射した音がどこを巡っているかを確かめないで吹いている。だから音が孤絶しているのだ。コラボレーションでありながら、二人の表現者は自己を外在化させるのにせいいっぱいで、一瞬でも溶け合う場面はなかった。ここが最大の不満である。バレエシューズを手に持って、Twinkle twinkle little starで消えていく最終場は美しかったという声も聞いたが、残念ながら客席の上手側にいた私はそれが見えなかった。ただ終わってT氏(舞踏批評家)と話したら、自分は小野さんよりも田山さんの方が良かったといっていたので、人によって感受性はずいぶんと違うものだなあと思った。

第二夜は木村由、藤井マリ(19:00~)。
[PR]
by planet-knsd | 2007-11-17 04:03 | その他

『Corpus』3号「身体表現の政治学」発売中

編集委員を務めている『Corpus』3号「身体表現の政治学」が発売となりましたので、お知らせいたします。私は今回、短評1本しか書いていません。

------------------------------------------------
『Corpus』3号
特集  身体表現の政治学
http://d.hatena.ne.jp/CORPUS/20071023


9.11を受け止めるということ:    羊屋白玉インタビュー

社会と世界と繋がりをもつために:  矢内原美邦インタビュー

反暴力のメッセージ:        砂山典子インタビュー



『核』からの視点:舞台に立つ根拠としての核 真壁茂夫  

戦後と女性と舞踊              堀切叙子



怠惰な観客にならないために:ダンスにおける多様な政治性  西田留美可

舞踏の中に潜む政治性:身体学的に考えてみる  竹重伸一

前衛から前衛へ:邦千谷の舞踊世界  志賀信夫

全体主義と植民地主義に抗して:『わたしは血』と『イザベラの部屋』の政治的対決  坂口勝彦



【写真構成】
サシャ・ヴァルツ&ゲスツ『ケルパー』  塚田洋一



【短評】
「サシャ・ヴァルツ」(大山景子)、「ヤン・ファーブル」(志賀信夫)、「笠井叡」(亀田恵子)、「上杉満代」(竹重伸一)、「花嵐+相良ゆみ」(藤原央登)、「吉村会」(村岡秀弥)、「ダンスラウンドテーブル」(宮田徹也)、「劇団千年王國」(亀田恵子)、「ゼロ次元以後のアクションアート」(志賀信夫)、「玉内集子」(宮田徹也)、「武内靖彦」(竹重伸一)、「足立正生」(亀田恵子)、「びわ湖ホール夏のフェスティバル」(中西理)、「ボヴェ太郎」(門行人)、「関美奈子×長岡ゆり×佐々木征」(國貞陽一)、「ナチョ・ドゥアト」(志賀信夫)、「NBAバレエ団」(吉田悠樹彦)、「朝吹眞秀」(宮田徹也)、「未國」(吉田悠樹彦)、「白井剛とAbsT」(志賀信夫)、「じゅんじゅん」(吉田悠樹彦)、「田辺知美」(宮田徹也)



表紙:羊屋白玉  裏表紙:砂山典子
体裁 A5判、108頁、表紙1色、本文1色、1-3段組



編集委員(五十音順)
國貞陽一、坂口勝彦、志賀信夫、竹重伸一、塚田洋一、西田留美可、宮田徹也、吉田悠樹彦



★購入は
アトリエサードの通販サイト 価格:税込525円、送料200円
http://www.a-third.com/shop 
http://www.a-third.com/shop/shop1.html

あるいは、アマゾン、紀伊国屋、ジュンク堂、青山ブックセンター、等大手書店で。
[PR]
by planet-knsd | 2007-11-05 07:21 | Corpus