大森政秀舞踏儀アンモナイトの爪・ⅩⅩⅣ『域-ZONE-2006・冬』

c0060633_9574370.jpg
客電が落ち、灯りが点くと、四人は絶妙なポジションをとっていた。そこから静けさが充ちていき、ほとりの風景が視えてくる。どこかの川辺なのであろうか。帽子を被り、タオルを首に下げた大森政秀が、静かに其処に立っている。鉱物少年のような佇まいで、遠い記憶の風景が少年を包み込んでいく。静かに歩き始めると、舞台は真空の世界へと変幻するかのようであった。大森の偏愛するタルコフスキーの風景が、そこで一瞬脳裏をよぎった。水は流れている、風景は死なない。アンモナイトの記憶の中で、舞踏手は真っ直ぐに消えていった。

他の三人の舞踏手の中、小野由紀子の身体に、宙に明け渡された震えを見、瞠目をした。滑稽な動きが連続して出てくるが、この人の身体はどこまでも自由で、嘘偽りがない。虚空の視えない踊り手など何の価値があるだろうか。小野は、まぎれもなく虚ろな笑いをこっそりと湛え、無邪気に、それでいて哀しみを漂わせ、美しく踊った。

終盤は大森の独壇場であった。私はこの人の踊りを数年ぶりに見たのだが、ケレンを持ち味とするこの人が、どこまでもニュートラルなポジションをキープしていた。その集中力、持続力に私は感嘆した。衣裳はいつもながらおかしみに溢れている。コートを裏返しに着、肩からは緑色のパンダの絵が描かれたミニポーチを下げている。胸元に洗濯バサミが一つ。そして髪には赤い髪留めがある。大森のこのフェティッシュなモノへの執着は、少女趣味的なおかしみがあり、私は大好きである。そこに描かれた風景が何であったかわからない。雑踏の音が軋みをともなって流れ、そしてローリング・ストーンズの「シーズ・ア・レインボー」で、大森の身体はフワッと軽みへと飛んだ。壁際への執着、繰り返される動作、大森は執拗に舞踏の導線を伸ばしていき、静かなる夢遊に踊った。この虚ろなる遊びにこそ、大森の真骨頂はある。

風景はやがて、彼方へと消えた。

「不思議な生き物として転がっていればいい」「なさけない体が流れ込んで来るわい」「お若いの、きみは自分を何者だと思っとるんか?」「いいの、いいの、いいの、心配いらないわ。大丈夫できるわよ」「勝手に汗をかくな」「世界の果てまで連れてって!……」「虹では遅すぎる、オーロラだ!!」(フライヤーより)


大森政秀舞踏儀アンモナイトの爪・ⅩⅩⅣ『域-ZONE-2006・冬』
構成・演出・出演:大森政秀
出演:大倉摩矢子 ワタル 小野由紀子
日時:11月25日(土)pm7:00開演・26日(日)pm6:00開演
会場:テルプシコール
予約・問合せ:03-3338-2728 天狼星堂企画室
[PR]
by planet-knsd | 2006-11-26 09:28 | 大森政秀
<< Dance. Medium 『... 祝・『朱霊たち』公開記念:長岡... >>